複数不動産を検討する

不動産を確保するには

不動産の資産運用の情報

不動産の価格について

不動産には、何種類かの価格があります。その一つが、広告などに表示されている物件の価格である販売価格です。この販売価格は、売主が、その物件の仕入れ価格や建築コスト、販売経費、それに利益などを総合した金額をもとに、市場動向や近隣の物件の価格などを考慮しながら、販売時期とあわせて決める値段です。これに対して、成約価格と言うのは、取引が成立して、売買契約書に記載される金額のことを言います。ここで、不動産販売価格はあくまでも売主の希望価格ですから、実際に売買契約書に記載される金額とは異なることが往々にしてあります。

検討中物件の確保する

賃貸不動産を探している中でちょっと気になる物件が出てきました。その際によく言われる言葉がちょっとこの物件押さえておいてくれる?というもの。お客さん側はそれくらい簡単にできるだろうという感覚で言われるケースが多いのですが、業者側はそう簡単には承諾しません。なぜなら物件の契約優先順位は原則として正式な申込順だからです。つまり、押さえておくということはまだ正式な申込を受けてない段階で他の申込をストップさせることになります。その間に本当に申し込む意思のお客さんが出てきたとしても、その客さんを逃すことになります。したがって、不動産をそう簡単には押さえておくという要望には応えられないのです。