ノートパソコンの通販における節約術

ノートパソコンはデスクトップパソコンと違い、ユーザーがパーツを交換できる要素が少ないことから、購入時に目的に合った機種を選ぶことが大切です。交換できるものは内蔵ストレージや光学ドライブ程度で、コンパクトなボディであることから自由度が少ないのは致し方ありません。購入後に後悔したくないことから、求めるスペックとちょうど良い製品が無かった場合は一つ上のやや高額でオーバースペックな機種を購入してしまいがちです。しかし、実際に購入してみると使わない機能やソフトウェアが数多く添付されており、高い買い物をしてしまったと感じるユーザーも少なくありません。そんな時のためにインターネット通販だからこそ可能な、ちょうど良いスペックのノートパソコンが購入できる節約術が存在しています。

BTOならば自由自在にスペックを選べる

BTOとはBuild To Orderの略で、顧客からの注文を受けてから生産することを表しています。公式ショッピングサイトでは、はじめは基本となる機種が提示されていますが、これを元に自由にパーツを選んでいきます。専用のフォームからCPU、グラフィックチップ、内蔵ストレージの容量などを順に選択し、自分だけのノートパソコンを注文できます。オペレーティングシステムもホームやプロから必要な機能を持つものだけを選べたり、オフィス系のアプリケーションの有無も選べます。必要の無いものは削ったりスペックを落とせば、始めから完成されたパッケージ製品よりもリーズナブルな価格になります。これが実現できるのも、BTOによる受注を受け付けているオンライン通販サイトならではのメリットです。

節約できるパーツの選択のポイント

BTOでノートパソコンを注文する際には、節約の観点から選択するパーツのポイントがあります。CPUは処理速度が速ければ高額になりますが、快適な動作のためにはできるだけ削りたくないところです。そんな時は視点を変えて、省電力モデルを選択すれば消費電力を抑えるという面から節約ができます。グラフィックチップは処理の重い3Dゲームをプレイせず、ホームページや動画の閲覧程度であれば必要最小限で良く最も節約できるポイントです。内蔵ストレージは本体のシステム用のドライブは最小限にして、必要があれば外付けハードディスクやUSBメモリなどに任せることも可能です。BTOを取り扱っているオンライン通販サイトでこのような節約を積み重ねていけば、意外とリーズナブルな価格で購入することができます。